ヨガの起源は5千年前…

ヨガは起源をさかのぼれば5000年前と言われる古代インドの修行法です。
ヨガは古代インド北部で発達した修行方法で、本来は「瞑想」を意味したようです。
心身のバランスを整えるためにあの独特のポーズでの精神統一が有効なのです。
古代インドでヨガが発祥したころにはしかしながら、あのような独特のポーズを取るわけではなかったそうです。
現代のヨガのようなポーズを始めたのは「ハタ・ヨガ」と言われる流派だったそうです。現在ではこれがいくつもの流派に分かれて独自のスタイルが開発されています。
ヨガは現代日本ではダイエットのためのひとつの方法としても人気です。
こう聞いてくると古代インドの修行法であるヨガが一体全体どうしてダイエットに効果的なのでしょうか?不思議です。
基本となるのは腹式呼吸による心身バランスの調節です。空手の息吹にもつながる精神統一方法で、あのさまざまなポーズはおまけみたいなものです。
ヨガの腹式呼吸は何が優れているのでしょうか?腹式呼吸を深くゆっくりとすることにより、本来あるべき自律神経機能が発揮されるのです。
意外なことにこの独特のポーズに腹式呼吸を組みあわせると、身体の内側の筋肉を鍛えることができるのです。
エステでは以前からピラティスなどのヨガの亜流と言えるものが盛んでしたが、最近ではパワーヨガが前面に出てきています。
ピラティスルーシーダットンと言う言葉をお聞きになったことはあるかと思います。ヨガから生まれたエクササイズですが、ダイエットのためのヨガはそちらに近くなっています。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。