ヨガの本質は腹式呼吸で心身バランスを調節することにあります。チャクラと呼ばれる気のツボは、自律神経の集中点にも当たります。

ヨガは古代インドに伝わる技法で、アユール・ヴェーダなどのインドの古典にも記されている方法です。
ヨガ」とはインド北部発祥の修行法であり、本来は「瞑想」を意味します。
ヨガの独特のポーズで精神統一を図り、心と身体のバランスを整えることができます。
最初はでも、独特のポーズは無かったらしいのです。あくまでも修行の一環でした。
ヨガには多数の流派がありますが、その中のひとつの「ハタ・ヨガ」があのような独特のポーズで瞑想して、それが人気となったのです。
ヨガは現代日本ではダイエットのためのひとつの方法としても人気です。
ここまでの流れからヨガダイエットの関連性はわかっていただけましたでしょうか?いや、なかなかぴんときませんよね(^^;)。
基本的に腹式呼吸法が用いられ、呼吸は生命力と心の変化を調節する為のものであるとされます。
ヨガの腹式呼吸の優れたところは、自律神経の調節に効果的であるということです。これにより身体と心の両方がきもち良くなります。
体脂肪を減らすにはインナーマッスルを増やすのが効果的なのですが、ヨガのポーズと呼吸法はそれに最適であることが最近明らかになりました。
ダイエットに積極的なジムやエステの中にはこのパワーヨガやホットヨガに重点を置いたところも増えてきました。
ピラティスルーシー・ダットンと言う言葉をお聞きになったことはあるかと思います。ヨガから生まれたエクササイズですが、ダイエットのためのヨガはそちらに近くなっています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。