ピラティスルーシー・ダットンヨガから生まれたエクササイズです、これらはいずれも筋肉の鍛錬に重点が移っている点、ダイエットには適しているのですね。

ヨガは日本人で知らない人はいないと言っていいぐらい有名なインド古来の修行法です。
ヨガ、ヨガと何気なく使っていますが、あの言葉の本来の意味は「瞑想」なのだそうです。
ヨガは独特のポーズで精神統一を図り、それで心身のバランスを整えるのです。
でも、本当はあの独特なポーズは後付なんですね。最初は修行僧の精神統一のための修行法でしかなかったのです。
ヨガには多数の流派がありますが、その中のひとつの「ハタ・ヨガ」があのような独特のポーズで瞑想して、それが人気となったのです。
ヨガは修行僧から始まったのに、現代日本ではダイエットの方法としても有名ですね。
では、そのような瞑想の方法であるヨガのどこがダイエットに効果的なのでしょう?
ヨガの基本は腹式呼吸です。これにより、自律神経の活動が整えられることがわかっています。
ヨガの腹式呼吸は何が優れているのでしょうか?腹式呼吸を深くゆっくりとすることにより、本来あるべき自律神経機能が発揮されるのです。
体脂肪を減らすにはインナーマッスルを増やして代謝を上げるのが効果的なのですが、ヨガのポーズと呼吸法はそれに最適の方法のひとつであることが最近解明されました。
そのことから、現代ではそちらの、「パワーヨガ」と呼ばれる筋肉を鍛える方法にダイエット方法としての人気があります。
ピラティスルーシー・ダットンヨガから生まれたエクササイズです、これらはいずれも筋肉の鍛錬に重点が移っている点、ダイエットには適しているのですね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。