独特なポーズはヨガの流派のひとつであるハタ・ヨガで使われていたものが、イギリス人受けして広まっていったようです。

ヨガは古代インドの修行法で起源は3000年前とも5000年前とも言われています。
古代インドの北部の修行僧が行っていたあの方法は、本来は瞑想のためのもので、古代インド語で「瞑想」はヨガと発音したそうです。
心と身体のバランスを整えるためにあの独特のポーズで精神統一をはかります。
あの独特のポーズはしかし、古代インドで発祥したときにはなかったようです。
現代のヨガで見るあの独特なポーズは、実はひとつの流派である「ハタ・ヨガ」に始まり、ユニークさから広まって行ったそうです。
ヨガは現代日本ではダイエットのためのひとつの方法としても人気です。
ここまでの流れでダイエットヨガの関連性わかりましたか?・・・わかんないですよね(^^;)。
ヨガの施行は呼吸を中心に行います。ポーズはそれを達成するための副次的なものに過ぎません。
自律神経には起きているときに活動する交感神経と安静時に優勢な副交感神経がありますが、ヨガの呼吸方法はこの二つのバランスを最適に保ちます。
ところが、副次的なポーズの方に重点を置くことで、ダイエットに必要な静的な筋肉を充実させることができるのです。
これに徹したパワーヨガは筋肉を鍛えることに集中したヨガで、ダイエットノウハウなんかでも盛んに宣伝されています。
ピラティスルーシーダットンと言うエクササイズはご存知ですか?あれもヨガから派生したフィットネスです。これからはヨガといえば瞑想ではなくてエクササイズと言うイメージに変わるのかもしれませんね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。