現在のヨガダイエットの起源は?

ヨガのことはご存知ですよね?それがインドの修行法であることも。でも、それが5000年も前から行われていたのはご存知でしたか?
ヨガ」とは古代インドの言葉では「瞑想」を意味します。インド北部が発祥の修行法なのです。
あの独特のポーズでの精神統一の目的は心身バランスを整えることにあります。
でも、古代インドの修行僧たちがあのような格好で瞑想していたわけではなさそうです。
ハタ・ヨガ」と言うのを耳にされたことはありますか?現在の多様なヨガの流派の元となったのがこれで、ポーズをとり始めたのもここからだそうです。
有名なエステティックがキャンペーンはったりして、最近は日本ではヨガといえばダイエットって感じもあります。
では、ヨガのどういう点がダイエットにとって効果的なのでしょうか?
ヨガの独特のポーズにはすべて名前や意味が付いていますが、あれはおまけのようなものです。本質は腹式呼吸にあります。
ヨガの腹式呼吸は交感神経と副交感神経のバランスを整えることで快適な身体機能と安定した精神状態を作り出し、ストレスを取り除いてくれます。
自律神経を制御する目的のヨガの呼吸方法ですが、そのときにあの独特なポーズをとると、インナーマッスルが鍛えられることがわかりました。
したがって、ダイエットにはエクササイズに重点を置いた「パワーヨガ」と呼ばれる方法が主流となっています。
ですから、エステやジムで行うヨガトレーニングは本来のものと少々異なります。ピラティスルーシーダットンはそちらの方向に強く傾いたもので、これらもダイエットには効果的です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。